医師が転職するにあたり、重要視する条件というのは幾つか挙げられるでしょうが、実は”男女”によってその希望が大きく異なってくるという事実については、意外に知られていないのではないでしょうか。

女性医師の皆さまには充分ご理解頂けているのではないかと思いますが、どうしてもキャリア形成に関する大切な時期に重なって「結婚」「妊娠」「出産」「子育て」といったものが重なってくるのが女性の代表的なライフスタイルではないかと思います。

男性は家庭における時間をとる必要はある程度あるものの、やはりどちらかと言われれば、家族のためにもしっかりと外で働いてくるという一般的なスタンスのため、このような悩みに囚われることはあまりないようです。

そこで、今回は女性医師にとって良い環境で働くためには、具体的にどのような事を意識し、行動していけばいいのか、そういった部分についてお話をしていきたいと思います。

女性医師が活躍できる医師募集の傾向とは

30代以降、上記に挙げたような理由によって離職を余儀なくされてしまう医師の方が実に多いと聞きます。
このような傾向は、最近になって出てきたものでは決してなく、かなり以前より通例のようなものとして、度々取り上げられてきた医療業界における大きな課題の一つとも言えるでしょう。

医師という仕事は一人一人の患者さんと向き合うため非常に大きな責任感が必要であり、また、それだけのエネルギーが消費されていくもの。
女性にとっては仕事が重要であったとしても、どこかの段階ではどうしても家族・家庭の方にエネルギーを割かなければいけない時期がやってきてしまいます。

そのためにも、やはりこういった事に力を割けるような労働環境をあらかじめ選んでおくというのは、女性にとって、とても重要なことなのです。

女性医師が希望する環境の求人を選ぶには

さて、では皆さんが希望するような環境は、どうすれば多数の医師求人の中から選ぶことができるのでしょうか。
一つは女性医師の育成に力を入れているような医療機関を選ぶという方法です。

これは医師求人の案件には基本的に記載されていない部分になりますので、事情を知っている方に相談を行うほかありません。
中には、医療機関自体がそういった”女性に優しい労働環境”を標榜している場合もありますので、そのような機関を選び、ダイレクトに応募をするという方法もあります。

しかし、そうでないのであれば医師転職サイトのコンサルタントに相談をすることが、一番の方法となるのではないでしょうか。
職場復帰支援を行っている医療機関など、希望に応じた案件を的確に紹介して頂く事が出来るのが、プロに相談することの最大の強みなのです。