高待遇の医師募集案件を見つけるためのテクニックとして、転職コンサルタントに相談するという話を先ほどはお話しましたが、このテクニックは何も高待遇案件を見つけるためだけのものではありません。その他の状況においても、充分に活用することができるのです。

さて、今回は院長や副院長などのいわゆる「役職ポスト」に就くためには、どのようにすればいいのかという事をお話していきたいと思います。

重要なポストの募集は表沙汰にはならない

皆さんの中でも、ある程度経験をお持ちのベテラン医師の方も沢山いらっしゃると思います。
そういった方の中には、転職する際にただ求人を探すのではなく、いわゆる病院の役職ポストを狙っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に役職に就くためには例えば院内で昇進(抜擢)する、あるいは最初から用意されている役職ポストの求人案件に通るほか、なかなか方法がないというのが現実です。

この2つの方法の内、どちらを選ぶかと問われれば、ほとんどの方は後者を選ばれるのではないでしょうか。
つまり、転職によってキャリアアップを狙うのであれば、一つは役職に関する募集を見つけるほかないと言い換えることもできます。

このようなステータスに直結るような案件は、実はなかなか表には出なくなっています。
というのも、一般の方々が見えるようなレベルの所に○○病院の院長職募集などの求人が掲載されていれば、それこそあまり良い評判が立ちませんよね。
そこで活用されているのが医師転職サイトなどの非公開求人というもの。
登録は医師しか行うことができず、また、非公開求人は登録した方しかみる事ができないため、一般の方の目に晒すことなく、募集をかけることができるというわけですね。

非公開求人から重要なポストの募集を見つける

もう皆さんもお分かりでしょうが、このようなステータスある役職を狙うのであれば、まずは『医師転職ドットコム』などの大手転職サイトに登録を行い、非公開とされている求人の中から見つけるのがベターな選択と言えるでしょう。

このような役職付きのお仕事は、部下のマネジメントなどもその業務範囲に入っていますので、一度経験をしておけば今後の開業にも大いに役立つもの。
また、開業を目指していなかったとしても、マネジメントに関するスキルはキャリアアップの為には必須のものですので、ある程度以降のキャリア形成においては、身につけておいても損はないもの。
ぜひ一度挑戦されてみることをお勧めします。