「高待遇の求人」をお探しの皆さんにお勧めの職種の一つとして挙げられるのが「製薬企業」です。
製薬系の企業では医師という職種は非常に優遇されており、一般的な病院勤務では考えられない様な勤務条件で勤めることができるので、多くの医師が製薬企業への転職を目指しています。

今回は、医師募集において人気のこの職種について、様々な内容をご紹介していきたいと思います。

今募集が増加している外資系製薬企業

一人一人の患者様と向き合い、助けていくことを生業とするのが医師という仕事ですが、中には治療薬の開発など、もっと大きな規模で社会的に貢献したいと考える方も多くいらっしゃいます。

近年、多くの企業が新薬の研究及び開発に向けて、日本国内外の医師を積極的に採用しようという動きが活発となっております。
医学的な視点からアドバイスをすることのできる有能な医師がいれば、それだけ薬剤の開発がスピーディに進むということですね。

また、同じ製薬系の企業でも、日系と外資系とでは考え方が違うと言われています。
今転職先として注目されている外資系企業では、あくまでも医師が薬を開発するものだと位置づけられており、開発チームはMDを中心に結成されているのです。

このような背景があることから、外資系の製薬大手などでは、日本法人において開発部長クラスの方等を積極的に採用しようという動きがみられるようになりました。
では、具体的にどのような仕事を行うことになるのか、社員としての働き方といった部分についても引き続きご説明していきたいと思います。

製薬企業のメディカルドクターの業務

まず一つは「臨床開発部門」における業務です。
これは治験に関するデータを医学的に評価し、厚生労働省に提出するための資料作成等を行うといった”データ評価”に関するお仕事です。

次に「市販後安全性評価」という部門があります。
これは新薬の上市後、現場から報告された事象を元に、開発部門へとフィードバックを行うためのデータ解析、最終的にはその内容を厚労省の安全対策課へと報告するのが主な業務と言えるでしょう。
ここではMDが最終ジャッジを下す役割を担っています。

最後に、メディカルマーケティングと呼ばれる部門があります。
ここでは、いわゆるマーケティングを中心にした活動が行われることとなるのですが、MRが配布する学術文献やパンフレットへの記載内容等が、医学的にみて正しいのかどうか、こういった部分を監修する仕事を医師が担うこととなります。

また、最近では医師が医局に出向き、新薬に関する説明会、講習を行うなど、営業的な側面も要求される機会が増えているため、特に太い人脈などを持っている医師が歓迎されています。

上記のような業務内容はあくまでも一旦に過ぎませんが、いずれにせよ日本の医師が全体的に優遇されている、という状況に変わりありません。
このような製薬系の企業に転職をするためには、英語力、リーダーシップ、コミュニケーション力など、が高いスキルを求められるでしょう。

また、医学博士を取得していると、面接の際に非常に有利になるという点も押さえておきたいところです。
一般的には研究開発というイメージが強くなりがちですが、対人に関する能力、はっきりと物事を判断し、述べることができる力なども強く求められます。